血管ほぐし

血管ほぐし

こんな方におすすめ

  • 身体を動かすのが極端に苦手
  • 怪我や障がいで身体に負担をかけられない
  • まずは座ったまま何かできないかなあ

下半身のマッサージとストレッチが
血管をやわらかくする

心臓から送り出された血液は、筋肉が伸び縮みする力を借りて体中をめぐります。適度に身体を動かすことは、スムーズな血流にとても大切なことなのです。
ところが、長時間座ったままで、筋肉を動かさずにいると、血流が滞りむくみや冷えの原因となります。さらには、血液がドロドロになり、血栓(血管の中にできる血のかたまり)ができることも。
デスクワークなどで座っている時間が長い方は、気がついたときに筋肉をほぐして、血液を循環させましょう。筋肉をやわらかくすると、まわりの血管にも柔軟性が生まれ、しなやかさが戻ってきます。

まずは、ふくらはぎのマッサージ。ふくらはぎは、歩くことで血液を循環させるポンプのような役割を果たしています(「第二の心臓」と呼ばれるほど!)。アキレス腱からひざ裏に向かって、指で軽くもみほぐすだけで、血行が促進されます。片足30秒のマッサージを1日1~2回行えば十分です。

ふくらはぎのマッサージ
足を組んで、足首から上に向かってもみほぐしていきます。

お尻や太もものストレッチもおすすめ。下の図を参考に、1回20秒ほど、ゆっくりと筋肉を伸ばします。

お尻のストレッチ
外側のくるぶしをひざの上に乗せるように足を組みます。上半身を前に倒すと、お尻の筋肉をストレッチできます。ゆっくりと伸ばしていってください。
太もものストレッチ
ももの裏の大きな筋肉をストレッチ。椅子に座った状態で片足を前に伸ばし、床にかかとを付けます。お尻から太もも裏、ひざ裏、ふくらはぎにかけて伸ばすことができます。

いずれも、テレビを観ながら、デスクワークをしながら実践できます。大切なのは、痛みがなく、「気持ちいい」と感じる強さをキープすること。息を止めず、リラックスして呼吸することを意識してください。

一覧へ戻る

PAGE TOP