用語集

EPA
〈エイコサペンタエン酸〉

Eicosa Pentaenoic Acid(エイコサペンタエン酸)の略です。多価不飽和脂肪酸のn-3系脂肪酸の一つで、体内ではほとんど作ることができない「必須脂肪酸」の一種です。主にイワシ・サバ・アジなどの青背魚の脂に多く含まれているほか、植物油などのα(アルファ)-リノレン酸を含む食品を摂取すると、体内でEPAに変わります。

EPAは、脳や神経細胞、目の網膜などの細胞膜の重要な構成成分となります。また、血小板が凝集するのを抑える効果があるため、血液を固まりにくくし、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症を予防すると考えられています。さらに、コレステロールや中性脂肪を減らす作用もあり、生活習慣病の予防や改善に効果があることが報告されています。

一覧へ戻る

PAGE TOP