用語集

狭心症(きょうしんしょう)

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈が何かの原因で狭くなり、心筋に送り込まれる血液が不足して、心臓が酸素不足に陥る病気です。胸痛発作といわれる痛みや前胸部の圧迫感、締め付け感などの症状が起こります。多くの場合、冠動脈の動脈硬化に伴う血流障害が原因ですが、冠動脈が痙攣(けいれん)しながら収縮を起こして縮んでしまう攣縮(れんしゅく)が原因で起こることもあります。
狭心症には、運動時など心臓に負担がかかったときだけ症状が出る「労作性狭心症」と、睡眠中や安静時にも発作が起こる「安静狭心症」があります。また、冠動脈がいまにも完全に詰まって心筋梗塞に移行しそうな危険な状態のものを「不安定狭心症」と呼びます。

一覧へ戻る

PAGE TOP