用語集

虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈で動脈硬化が進み、血管の内側が狭くなったり、コレステロールなどの固まり(プラーク)が破れて血管の中に詰まったりすると、心筋に十分な血液が行き渡らなくなり(虚血)、心筋が酸素不足の状態になります。こうして起こる病気を総称して「虚血性心疾患」といい、代表的なものに狭心症と心筋梗塞があります。

一覧へ戻る

PAGE TOP