用語集

血小板(けっしょうばん)

血小板は血液中の微小な細胞成分のひとつで、骨髄で作られます。血液を凝固させて、壊れた組織を修復する働きがあります。正常な血管では内皮細胞が血液凝固を起さないようにしていますが、出血したときには内皮細胞の外にでるので、血液が凝固し、いわゆるかさぶたを作ります。出血ではなくても、血管の中で内皮細胞の破壊が起こると、血栓ができ、血流を妨げることがあります。

一覧へ戻る

PAGE TOP