用語集

心筋梗塞(しんきんこうそく)

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈が、動脈硬化などによって完全に詰まり、その先の心筋に酸素が行き届かずに、細胞が壊死(えし)してしまう病気で、非常に強い痛みが起こります。
壊死の範囲が広いと、心機能が低下してショック状態に陥ったり、命にかかわる不整脈が出現したりすることもあり、心臓突然死の原因にもなります。発症後は、いかに早く冠動脈を再開通させるかが救命、さらにはその後の心臓の機能を保つうえでも重要です。

一覧へ戻る

PAGE TOP