用語集

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

大動脈の壁の一部が何らかの原因で薄くなり、その血管の一部位または複数部位がコブ状に膨らんだ状態をいいます。大動脈瘤の原因として、老化、壁が弱くなる変性疾患、外傷、炎症、感染、先天性の場合などがありますが、動脈硬化が原因の多くを占めています。

大動脈瘤は発生部位により、胸部大動脈瘤・胸腹部大動脈瘤・腹部大動脈瘤に分類されます。最も多いのは腹部大動脈瘤で、圧倒的に男性に多いとされています。

大動脈瘤は徐々に進行するために、初めはほとんど症状がありません。特に、胸部大動脈は胸の奥にあるため、自覚症状に乏しく、胸部X線検査でたまたま発見されることも珍しくありません。自覚症状が乏しい一方、大動脈の異常がさらに進むと、大動脈瘤は破裂や乖離(かいり)を起こすことがあります。大動脈瘤破裂は大量出血を伴うため、致死率はかなり高くなります。

関連ワード 動脈瘤
一覧へ戻る

PAGE TOP