用語集

DHA
〈ドコサヘキサエン酸〉

Docosa Hexaenoic Acid(ドコサヘキサエン酸)の略です。多価不飽和脂肪酸のn-3系脂肪酸の一つで、体内ではほとんど作ることができない「必須脂肪酸」の一種です。サバやイワシなどの青背魚の脂に多く含まれており、低温状態でも固まらない性質を持ちます。

DHA とEPAは分子構造がよく似ていて、いずれも血中の中性脂肪やコレステロールを低下させたり、血液をサラサラにして血栓をできにくくしたりする働きがあるため、動脈硬化予防に効果があるとして注目されています。

EPAとの大きな違いとして、DHAは脳の構成成分で、脳を構成する約140億個の脳細胞の膜に存在し、特に記憶や学習に関わる海馬に多く集まっています。脳が必要とする限られた栄養分であり、脳を活性化する働きもあるため、「脳の栄養素」とも呼ばれています。

一覧へ戻る

PAGE TOP