用語集

トランス脂肪酸

不飽和脂肪酸の一種で、トランス型二重構造という特有の構造を持つ脂肪酸です。植物性の油脂を加工する過程で発生します。トランス脂肪酸を多く含む食品の代表的なものとして、サラダ油、マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、マヨネーズなどがあります。また、それらを使用した食品(クッキーやスナック菓子など)にも多く含まれています。また、ウシ、ヒツジなどの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の働きによってトランス脂肪酸が生成されます。そのため、牛肉、羊肉や乳製品の脂肪には微量のトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸は、LDLコレステロールを増加させ、心血管疾患のリスクを高めるといわれており、2003年に世界保健機関(WHO)/国際連合食糧農業機関(FAO)合同専門委員会によって、「平均摂取量を1日の総摂取エネルギー量の1%未満に」とする目標が示されました。一部の国では、法的な含有量の表示義務、含有量の上限制限が設けられていますが、日本では製造者が自主的に取り組んでいます。

一覧へ戻る

PAGE TOP