用語集

動脈硬化(どうみゃくこうか)

動脈の壁が厚くなったり硬くなったりして、血管の弾力性や柔軟性が失われた状態のことです。本来の構造が壊れ、血管としての機能を果たせなくなる状態をいい、病名ではありません。
一般に動脈硬化という場合は、血管内膜の中にコレステロールが蓄積し、次第に脂肪分が沈着して、血管が狭くなり、血栓や潰瘍などを形成する「粥状(じゅくじょう)動脈硬化」を指すことが多いです。
動脈硬化になると血液がスムーズに流れなくなり、進行すると心疾患(狭心症や心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞など)のリスクが高まります。

関連ワード コレステロール
一覧へ戻る

PAGE TOP