用語集

不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)

植物性食品や魚に多く含まれ、構成する炭素結合の仕方(二重結合の数)によって「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分けられます。さらに、前者はオレイン酸(n-9系)、後者にはリノール酸(n-6系)、リノレン酸(n-3系)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などがあります。
オレイン酸は、酸化しにくく、HDLコレステロールを減らさずLDLコレステロールを減らす働きがあります。オリーブオイル、なたね油、ナッツ類などに豊富に含まれています。
多価不飽和脂肪酸のうち、リノール酸やリノレン酸は体内で合成できない必須脂肪酸で、食品からとる必要があります。大豆油、コーン油、べにばな油、ひまわり油などに含まれていますが、酸化しやすく、とりすぎるとHDLコレステロールを減らすため、注意が必要です。

一覧へ戻る

PAGE TOP