用語集

プラーク

LDLコレステロールは、必要以上に増えすぎると血管の壁に入り込む性質を持っています。血管内膜にコレステロールが蓄積してできた血管のコブをプラーク(粥腫〔じゅくしゅ〕)といいます。
プラークができると、血管内腔が狭くなり、血液が流れにくくなります。プラークはもろく不安定で破れやすく、何らかのきっかけで破れると、補修のために血小板が集まって血のかたまり(血栓)を形成します。血栓が大きくなると、最終的には血流が完全に途絶えてしまいます。さらに、血栓がはがれ、血流に乗って脳に運ばれて細い動脈を塞ぐと、脳梗塞を起こすこともあります。

関連ワード 血栓
一覧へ戻る

PAGE TOP