用語集

PWV
〈脈波伝播速度(みゃくはでんぱそくど)

Pulse Wave Velocity(脈波伝播速度)の略です。手と足への脈波の伝わり方を、動脈硬化の程度として数値で表したもので、この値をもとに血管年齢を推計したり、早期血管障害を見つけることができます。

PWV検査では、心臓の拍動(脈波)が動脈を通じて手足に届く速度を測ります。動脈硬化によって血管の壁が厚くなったり、硬くなったりしていると、血管の弾力がなくなり、脈波が伝わる速度が速くなります。現在、腕と足首の脈波から簡単に計測できる診断機器が市販され、国内で大きく普及しています。また、近年では、高血圧やメタボリックシンドロームの診断・治療においても、有用な情報として注目を集めています。

一覧へ戻る

PAGE TOP