用語集

LDLコレステロール

低比重リポタンパク、low density lipoprotein、をLDLコレステロールといいます。動脈硬化をひきおこすため、悪玉コレステロールといわれます。本来、コレステロールは生命維持に欠かせないタンパクですが、これが多すぎると動脈硬化を促進させるのです。この血中濃度が140 mg/dlを越えると脂質異常症と診断されます。

一覧へ戻る

PAGE TOP