AED〈自動体外式除細動器(じどうたいがいしきじょさいどうき)〉

Automated External Defibrillator(自動体外式除細動器)の略です。突然正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に電気ショックを与えて、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

音声ガイドに従って操作するだけですので誰でも簡単に使うことができます。電気的ショックが必要かどうかも自動的に判断して、必要な人にだけ電気ショックを与えるしくみとなっています。

2004年7月から医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、医療機関はもちろんのこと、駅や空港、学校、スポーツクラブ、大型商業施設、公共施設、高齢者施設など、人が多く集まるところを中心に設置されています。 一刻も早くAEDを使用することが死亡や後遺症のリスクを減らすことになります。